ビザ面接の準備〜DS-160の作成

広告

さて、ビザの取得に向けてやるべきことのひとつに資料の準備が有りましたのでここに記録を残します。

広告

DS-160の作成

ビザの面接に向けてDS-160を作成しました。

さて、これは何なのか…
非常に面を喰らいました(事前準備のなさよ…)

入力を終えて簡単に思ったのは事前インタビュー資料だなと。

名前や連絡先(国内・米国)など。

細かな内容については下記ページを参考にしました。
YouTubeをみるのはすべての人が通る道のようです。

米国ビザ申請 | DS-160 情報 - 日本 (日本語)

入力時の備忘録

DS-160の作成で最終的な電子署名をするまでは何度も変更が可能なのでまずは始める(手を動かす)というのが大事だと思います。

20分ほどでセッション切れになるのでこまめに保存するのがよいです。
一生懸命入力をして次に進もうとしたらセッション切れになりそのページを一からやり直すこともあり辛いです…

20分経ってないはずなのにセッション切れになることもあるので(あれ、何だったんだろう…)

Mac派の人はsafariではなくchromeなどでやることを強くおすすめします。
ホームページの最初の注意書きに書いてあるのですが気が付きませんでした。
そのせいで初回は何度も途中で固まり焦りました。

最後に英語で質問が書いてあるのですが、ページ右上の言語設定をし、質問文にカーソルをあてると訳文がカーソル近くに現れるので英語力についての心配は不要です。

次のアクション

次のアクションは面接に向けて面接の予約です。

その他並行して資料の準備をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました