渡航準備〜人間ドック&予防接種

帯同準備
広告

渡航を目前に控えたというところで渡航前検診(いわゆる赴任前検診?)として人間ドックと予防接種を受けてきました。

今回は人間ドックにオプションとしての胃カメラを追加。
人生初の胃カメラでした。
ビビりまくりです。

広告

受診について

それぞれの検診会場が別だったため予想以上に時間がかかりました。

朝8時に受付開始。
(ビルが開くのが8時なのに受付8時を厳守せよと事前にお手紙があり笑)

簡単な総括としてお医者さんからの検診結果のフィードバックが終わったのが15時半でした。

その間の移動時間は細切れではありますが、合わせて2~2.5時間ありました。

すぐ終わるんじゃないかと思っていた自分よ、考えが甘い。

人間ドック

さて、人間ドックではいわゆる一通りの検診を受けました。

特筆すべきことはあまりなかったのですが、強いて言うなら、事業所検診を受けていたので初めてこういう施設での検診でした。

初めての場所にドキドキしながら1時間ほどですぐに終わり。

胃カメラを受診すべくそちらの病院の方へ移動。

毎度人間ドックではなく人間ドッグと打ってしまいます。

胃カメラ

6駅ほど離れたところに胃カメラを受けるクリニックはありました。

はじめての胃カメラということでビビリ倒しており、問診の段階でいかに自分がビビっているのか、初めてなのかを最大限にアピール。

その甲斐もあり、鼻から、そして鎮痛剤を投与してもらっての胃カメラとなりました。

まずは胃をきれいにする謎のペットボトル1杯分くらいの白濁とした飲み物をグイッと。
次に鼻へ麻酔ということで点鼻薬を。点鼻薬が喉の方におりてきたときはそれを飲み込むようにと。
飲み込むとああ麻酔という感じ。

その後チューブを入れて鼻の通りを確認してもらいました。
自分的には右の鼻の方がスムーズかなと思っていたのですが左の方がスムーズらしく。
プロ(専門家)の意見は尊重すべき。ということで左の鼻からお願いしました。
自分の意見の主張と他人の意見を聞く、そのバランスがいい人間でありたいです。

さて、その後鎮痛剤を点滴してもらいました。てっきり痛みが無くなるものなのかとおもっていたところ。

眠くなったら寝ていいですからねぇ〜と言われ ? が頭に。

点滴が始まると即座に意識がなくなりました。最後に思ったのはやっぱりオリンパスの内視鏡なんだぁ〜でした。

そして1時間後に看護師の方に起こしていただき。
起きたあとにフラフラしたのはすごくビックリしました。

一瞬で記憶が彼方に飛び麻酔の偉大さを実感しました

そしてこんなに体が重いのか‥と。
痩せようと心に誓いました、体が重たいの。重たいの体が!

またピロリ菌検査もしてもらいました。ピロリ菌も存在しないようで一安心。
ピロリ菌が発生している場合の薬液がピンク色に変化していることにも衝撃を受け。
胃がんの可能性等も少ないらしく良かったです。

初めての胃カメラを終えテンションも上がり妻氏にラインを送りました(迷惑だったでしょう)

予防接種

最後に予防接種を受けにこれまた乗り継いで。

ここがまた遠く、電車で20分駅から歩いて20分。

今回はMRワクチン(麻疹と風疹)と破傷風ワクチンの2本。

妻氏が大学から受けることを要求された資料をメールで転送し必要なものを確認していただきました。

筋肉への注射にこれまたビビリ倒していたのですが優しくプスッと打っていただき心から感謝。

コロナのワクチンは量も少なく今回のよりも痛くないよと言われたため早くワクチンを打ちたい気持ちがマシマシになりました。

フィードバック

当日に結果がわかるものでお医者さんからフィードバックを頂きました。

普段は朝ランを20分ほどしたあとは、朝から晩までほとんど椅子の上にいる生活のため、普段の日常での運動を意識的に増やすようにとのこと。

その他はアルコールを控えるようにとも。

総じて緊急的な対応が必要ないようなので一安心です。

あとはコロナのワクチンさえ打てたらということでこれは出国前に打てるようになるのか、はたまた、出国後に現地の何らかの場所で打つのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました